お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



こりゃひどすぎる!文科省発表「改善を求める大学253校」とは?

 
entry-79.jpg


みなさんこんにちは。
現役塾講師のJUNです。

先日19日に文科省から
「改善を求める大学のリスト253校」
発表されました。
 ⇒文科省「設置計画履行状況等調査の結果等について」

そしてそこに書かれていた「改善意見」が
あまりにひどかったのであちこちで
ニュースとなってしまっています(-_-;)
 ⇒Yahoo!ニュース「講義は中学レベル、入試は「同意」で合格…」

そこで私もどんな発表内容だったのか
見てみることにしました。

大学レベルとは見受けられない授業


f002ecb091e778c4bbea3f6bc686bbbe.png

これはその発表資料の一部ですが
「英語Ⅰ」「基礎数学」など大学教育水準とは
見受けられない授業…

「基礎数学?」
ということで実際に「千葉科学大のシラバス」を
確認してみました。
 ⇒千葉科学大「基礎数学シラバス」

すると…

【到達目標】割合(百分率)、比例(2乗に比例・反比例も含む)、…

たしかにこれは……中学内容?

しかも「履修上の注意」には
「授業・試験ともに教科書・参考書・ノート・定規・コンパス
・ノートPC・電卓・電子辞書の持ち込みは自由である」
との記述が…

試験に「ノートPC」まで持ち込めるの?(゜_゜>)

これはちょっとひどすぎじゃ…


合否の基準がわからない


人気大や難関大では合否の基準は明確に「入試データ」として
公開されています。

昨年は「合格最低点が〇〇点でした」
といった具合ですね。

ところが昨今の受験生の減少の影響でしょうか
大学の中には合否の基準があいまいで
「受験生全員が合格」している大学も
あるようです。

これには大学側も文科省の「是正意見」を
すんなりと受け入れるのは簡単ではなさそうですね(-_-;)

そして次のことも同様ですね。


定員充足率が0.7倍未満である


文科省の指摘する「改善意見」で一番目につくのが
「定員充足率が0.7倍未満」というものです。

e257751736a1b029ccfa1b7175d6e272.png

おそらくこれは「定員を減らしなさい」ということだと
思われますが
ここにも受験生が減少している影響をひしひしと
感じますねぇ(-_-;)

大学も「1つの企業」としてはつらい立場だといえるかもしれません。

そしてこんな大学もあるようです。
708f5ae49c279de183382ad8a11a82bd.png

開設以来入学者なし……

これはたしかに改善しないとまずそうですね(-_-;)



現在、日本国内には「800校」近くの大学があります。

そして高校卒業生の大学進学率は「53.9%」(2014年)
都道府県別で1位の東京都では「72.5%」にもなります。

しかしそれでも子供の数の減少のほうがその上を行ってしまい
大学のレベルがどんどん下がっているわけですね。

高校生のみなさんはまず
受験する大学がどんな大学なのかをよく調べて

「ホントに行きたいと思える大学か」

しっかりと自問自答して確認すべきですね。

今回の文科省の発表は
「びっくり」だけでなく何か「せつなさ」を
感じる結果
でしたねぇ(-_-;)




このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

大学
JUNさん、こんばんは

色々な事が起こっているんですね。知りませんでした。
大学も受験で生徒を選別出来ない時代が到来という事でしょうか?
それならちゃんと大学もカリキュラムを考えて
卒業単位以外の底上げ授業等しないとならない時なのかも知れませんね。
日本もアメリカの様に入学は易しいが卒業は難しいという時代が
来るかもしれませんね・・・
そして皆の意識も改革して行かなければなりませんね。
大学はあくまで最終学歴になる所なのでそれなりにちゃんと
学生に勉強させて卒業させて欲しいと思いますよね。
Re: 大学
girigiri26さんこんにちは。

私もこのニュースを見てびっくりしました。

私が大学生のときも定期テストはわりとゆるく、あんまりできなかったなぁというときでも
ぎりぎりにせよ単位だけはもらえることが多かったですね。

ただ今回のニュースではあまりにひどいので
見て見ぬ振りもできなかったといったとこでしょうか(^_^;)

たしかに今後アメリカ式になっていく予兆かもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。