お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



最新!立命館大学の理系数学2015を解いてみた!

 
写真 2015-02-11 23 12 08


閲覧ありがとうございます。
現役塾講師のJUNです。

この記事では先日行われた
「立命館大入試2015
理系全学部日程(2/3)」

について解いてみた感想と分析を
書いてみました。

数日前に書いた
「関西学院大2015理系数学」に続いて
今後の受験の参考にぜひ読んでみて下さい。

また事前に書いた記事
「立命館大学理系数学の傾向を斬る!」
との比較もしてみましょう。
立命館大はこの春、
OIC(大阪いばらきキャンパス)開学を
一大ニュースにどうやら昨年に比べて
志願者数を増加させることに成功しているようです。

関西では志願者数を減らす大学が多い中、
大健闘といえそうですが
今後どう運営していくのかが見ものですね(^_^;)

また来年はOICに「総合心理学部」も開設予定と
なっていますので注目です。

では今年の理系数学はどんな問題だったのか
見ていきましょう。

※最新の入試問題を入手したい方は私がいつも利用している
「東進.com」の「過去問データベース」に掲載されています。
(メルアドを登録するだけで簡単に利用できます)
  ⇒東進.com 過去問データベース


2015年度入試の出題形式


2/3「理系全学部日程」
・問題数…大問4題
・解答方式…記述式
・解答時間…100分

そして4題すべて穴埋め式の記述でした。

とくに昨年までと変わりはなかったですね(^-^)


第1問 穴埋め式記述


第1問は微分法(数Ⅲ)からの出題でした。

早速計算がやや煩雑でしたね(^_^;)
指数の計算に注意して丁寧に解答していけば
完答はできなくてもかなりの得点は期待できそうです。


第2問 穴埋め式記述


問題文を読んだ時点では
「こりゃ空間ベクトルだな」

しかし解きすすめていくと途中で
「数列の極限(数Ⅲ)」に寄り道(・_・;)

「結局また数Ⅲですか」Σ(ーー;)

そして末には再びベクトルに戻ってくるという
なんともいえない問題でした。

しかし
これは易しかったですね(^-^)

ここはしっかりと完答しておきたいですね。

第3問 穴埋め式記述


ここは珍しく「分数関数・合成関数(数Ⅲ)」が出ました。

そろそろ立命館お得意の線形計画法の問題が
来るかと思いましたが…

関西学院大の「焼いも屋さん」の問題
頭をよぎります(^_^;)

しかも問題の末はまたまた
「数列の極限(数Ⅲ)」に行きつく形…

「またですか」Σ(ーー;)

計算は相変わらずやや煩雑といったとこでしたが
半分くらいまではすんなりいくので
後半勝負といったとこでしょう。


第4問 穴埋め式記述


最後は「微分法(数Ⅱ)と確率の融合問題」でした。

ただし「2個のサイコロを投げるだけ」だったので
3次関数の極値に注意して数え上げれば
かなりいけたのではないでしょうか。

問題は設問が4つありましたが
(2)と(3)は完全にボーナス問題ともいえる
感じでしたし…


感想と分析


やはりいつも通り数Ⅲが多かったですね。
特に今年はいろんな分野を複合させた問題が
目立ちました。

ですが昨年に比べて計算の煩雑さは
かなりマシだったように思いますねd(゜-゜)

しかも誘導がかなり丁寧になったようにも
感じました。

合否の分かれ目は
着実に点を積み重ねられたかどうか、ですね。


しかし穴埋めの形として気になる問題が
「2問」ありました。


1つ目は
第2問の(2)の中にあるこちらです。
65801677aca0b9e169e16e668aa2c8cd.png

この解答欄を見るかぎりは
「セ」と「ソ」には何か数字が入りそうですよね。

で、解いた解答が
「セ」は「4/5」、
「ソ」は「0」

……

「ゼロって、そりゃないよー」

「だったら「ソ」の解答欄なしでいいじゃん」Σ(ーー;)


そしてもう1問がこちら。
b9683ebaf9b1d6a8ed9fbfe551a27b03.png

解いた答えは
m=「1,2」

「えっ2つ入るのもアリ」(゜_゜>)


もうちょっと答えやすい穴埋めにしてほしかったですね。

これまでもたまにこういうことがあったような気がしますが
そのたびに計算間違いを疑って計算をやりなおすことに…

来年以降受験するみなさんが読んでいたら
注意しておいてください(^_^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。