お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



いくら真っすぐ引いても曲がってしまう線とは?

 
entry-67.jpg


こんにちは。
現役塾講師のJUNです。

現在
大学受験・高校受験とも
シーズン真っただ中、
「現在進行形」です。

塾講師にとっても
「1年で最も真価の問われる時期」
といったとこでしょうか(^_^;)

がんばりますよぉ<(`^´)>


では今日の記事ですが
ふと「数学おもしろコラム」を書こうと思いまして
こんな内容にしてみました。

いくら真っすぐ引いても
曲がってしまう線とは?


あらかじめ言っておきますが
なぞなぞじゃないですよd(゜-゜)

数学者がいかに「ヘンクツもの」の集まりなのかを
表すいい例として
とっておきのおもしろい話を紹介します。
ここであなたに質問です。

Q.あなたは地面に真っすぐな線を
引けますか?


こんな条件だったらどうでしょう。
・どんな道具や機械を使ってもよい
・何人で協力して引いてもよい


真っすぐってどのくらい?

土の上に木の棒で引くの?

それともアスファルトにスプレーで引くの?

いろんな質問がありそうですが
単純に真っすぐ線を引けるかどうかだけで
考えて下さい。

それなら
真っすぐな定規でもあてて引けば
引けるんじゃない。


……

そうですよね(^_^;)

私もそう思います。

たしかに引けそうですよね。


ところが
数学者から言わせれば

「何そんな無理な話してるの?」

「そんなの引けるわけないじゃん」

……

どういうこと?(・_・;)


例えばこんな話をしてみましょう。


Aさんは、とある小学校のPTA役員を
していました。

子供たちのイベントには必ず準備係として
手伝わなくてはなりませんでした。

そして向かえた秋の運動会。
前日からの大変な準備です。

Aさんは「運動場に白線を引く」役を
まかされました。

AさんはBさんと協力して
巻尺を真っすぐ伸ばし、それに沿って
とてもきれいな直線を引きました。

数学者のMさん以外、
誰が見てもピシッとした線で
「いやーすばらしく真っすぐだねー」
と感心していました。

ところが、
数学者のMさんだけは手伝いもしないで
ほぼ真っすぐな線が引けたねぇ」
と皮肉っぽく言っています。

周りにいたCさんたちは
「ほぼって、どうみても完璧じゃん」
と高みの見物をしていたCさんに
くってかかりました。

そこでMさんが返した言葉とは…

「いくらがんばって地面に直線を引いても
真っすぐ引くことは不可能だよ」

「だって地球は丸いんだもん」

………(一同唖然)(ーー;)



数学者のMさんが言いたかったことは
わかったでしょうか?

119710.png

バッカじゃない(-_-;)

あなたが言いたいことはわかります。

数学者って
「ヘリクツの王様」ですよね。

数学者には「変わり者が多い」って言われるのも
そのためでしょう。

そういえば私も最近、
ヘリクツが多くなっているような…(^_^;)

ヘリクツならまだしも
「ヘリクツ=言い訳」にならないようにしなければ…


このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

数学者
JUNさん、こんにちは

面白かった、数学おもしろ話で数学を好きになってくれる人が
増えると良いですよねぇ。
偏屈になるとどんな世界が見えるのか・・
無い世界を考える事がどんな事なのか・・
無意味と考えるのか世界の広がりと考えるのか・・・
大学時代に数学の教師が数学の世界しか時間を超えられないと
誇らしげに話していた事を思い出します。
私はプラトンの立体で感動しました。紀元前400年頃の人がこの立体を考えていたと思うと・・・数学を勉強する事は未来を見る事なのではないかと
思えるのです。
Re: 数学者
>girigiri26さん

数学って勉強するとなると大変な感じがしますが、「謎解きだ」と考えてやるとおもしろい科目だと思えるかもしれませんよね。

> 大学時代に数学の教師が数学の世界しか時間を超えられないと
> 誇らしげに話していた事を思い出します。

「数学だけが時間を超えられる」…
これは深い言葉ですねぇ(゜.゜)

> 私はプラトンの立体で感動しました。紀元前400年頃の人がこの立体を考えていたと思うと・・・数学を勉強する事は未来を見る事なのではないかと
> 思えるのです。

そうですね。
道具も少ない古代ギリシャの人たちがどうやって数学を研究していたのかは「謎だらけ」ですよね。

社会が好きなら数学の歴史を知ると楽しさがわかってくるかもしれません。
数学ってすごいですね。

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。