お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる①

 
entry-65.jpg


こんにちは。
現役塾講師のJUNです。

今日はいつもと違って
ちょっと私のひとりごとでも書いてみようかな
と思います。

最近ずっと入試の対策記事ばかり書いてきたので
正直、一息つける記事の1つでも書かなきゃと
思っていたんですよね(^_^;)


そこで
私がなぜ塾講師になったのか?
私のこれまでの歩みを書いてみたいと思います。

書きだしたら長くなってしまったため
2部構成になってしまいました(^_^;)


そんな自慢できるようなすごい話でも
なんでもないですが
よかったら読んでみてください。

最近ある塾生から質問されたんですよね。

「先生はなんで学校の先生に
ならなかったんですか?」


私の塾には将来「学校の先生になること」
目標にがんばっている生徒が何人かいます。

小学校の先生になりたい生徒もいれば
中学・高校の先生になりたい生徒もいますね。

でも塾の先生になりたいっていう生徒は
1人もいません(-_-;)

多分ですけど今塾講師をされてる先生のほとんどは
最初から塾講師になろうと思って
そうなったわけではないと思うんですよね。

だって私もそうですからΣ(・_・;)



十数年前まで私の実家は建設業を経営していました。

従業員も5人ほどの小さな会社でしたが
社員の方はとても熱心に仕事をされ、
こういうのもなんですが
地元でもそれなりに評判もよかったと思います。

ですが私が高校3年生のまさに大学受験の直前に
社長をしていた父が病気のため亡くなってしまったのです。

その後は母がなんとか社長をつとめ
私が大学を卒業して帰ってくるのを
今か今かと待っていたのです。

そして
無事に(^_^;)大学の工学部を卒業した私は
即座に実家にもどって就職したわけです。

が、
当時は建設業の景気はとても悪く、
まわりの建設会社はほとんどが赤字経営だったんですよね。

それでも私が帰ってからも数年間は
ギリギリの状態でがんばってやってはいました。

母はいつも顔の表情を曇らせ
「この先どうしたら…」
とそんなことばかり言っていたように思います。


しかしついに
決断するときがきました

幸い会社には借金がなかったため私は
「決断するなら今しかない」と思い、
いろいろと母と相談した結果
建設業をやめる決断をしました。

そして我が家は建設業をやめました。

社員の方にはたいへんな迷惑をかけてしまいましたが
今思えばあの決断は正解だったと思います。

ですが、ただ1つ大きな問題が…

私はこの先どうするのか?

再就職するのか?

どこに?

ハローワークでさがす?

いろいろ迷いました。
まだ年齢も26歳だったため
就職先はさがせばあったことでしょう。

しかし私が選んだ道は
「学習塾の起業」でした。



第2話につづく。
 ⇒私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる②

このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

そうだったんだ
JUNさん、こんばんは

何だか今日は得した気分です。今日は何の数学を解説してるんだろうと
見に来てみたら、JUNさんが塾を企業するお話。
何だかワクワクです。って、今日の記事はチョット切ないお話でしたね。
明日を楽しみにしております。
Re: そうだったんだ
girigiri26さんこんにちは。

ちょっと受験シーズン真っただ中なため
日中も仕事が忙しく、
問題を解く時間がなかなか取れないんです(^_^;)

そこで私の過去を書いてみようと(^_^;)

今日も続きを更新しました。
よかったら読んでくださいね。

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。