お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



驚き!マーク模試では「読取不可」が救済されていた!?

 
mark.jpg


こんにちは。
現役塾講師のJUNです。

今回の記事テーマは
「マーク模試では読取不可が救済
されていた!?」

です。

以前センター試験用の対策記事として書いた
「えっ!センター試験ってシャープペンシルだめなの?」
の反響が大変大きかったため
再度いろいろ調べてみた結果を書いておきたいと
思います。

今回の記事は私の「備忘録」としても
書いておきたい内容となっており
塾の内部生のみなさんにもぜひ見てほしいもの
となっています。

しっかりと確認しておいてくださいねd(゜-゜)

今回この記事を書くにあたって
「Google」「Yahoo!」などの検索エンジンで

「マークシート読取機」のことや
「マーク模試での採点の仕方」など
さまざまなキーワードで検索してみました。

すると、その検索をしている最中に
とある投稿を見つけたんです(゜_゜>)

それは「OKWave」の「みんなのQ&A」に
投稿されていた質問だったんですが

それはこちらです。
 ⇒「マークシートのテストでシャーペンでマークしたら
採点不可?」


質問された受験生の方は
「シャーペンでマークしてしまった」ことに
とても心配されている様子が
伝わってくる文章ですね。

そして注目なのは
「ベストアンサー」で選ばれている
「模試屋さん」の解答です。


なんと!マーク模試では「塗り直し」で救済されていた


模試屋さんいわく、
模試では
受験直前期でも5%の読めないマークがある
模試屋さんが「マークの塗り直し」を行っている
実際の入試では「塗り直し」は期待できなそう


ええーっ……………(絶句)

これにはびっくりしました。
模試屋さんが「マークの塗り直し」
していたとは(゜_゜>)

にもかかわらず模試では
「80%以上もの生徒が自己採点≠実際の得点」
なんでしょうか……
 過去記事⇒「80%以上が自己採点≠実際の得点?」

で、その原因がシャーペンなの?


マークシート読取機はシャーペンが苦手!

2d396a6956eb4c4fdf38c1ee22812529.png
※イメージ画像


センター試験の「マークシート読取機」は
マークを「16段階の濃さ」で読みとっているそうです。

①光の反射の度合いが違う


読取の方法は
「マークシートに光を当て反射の度合いを読み取る」
というもの。

ここで問題なのが「反射の度合い」
いうことですね。

炭素(黒鉛)には「光を吸収する」性質があります。

芯の成分
・鉛筆の芯…黒鉛100%
・シャーペンの芯…黒鉛以外にもいろいろ含んでいる

「鉛筆とシャーペンは芯が別物」
なんですね。

つまりシャーペンの芯は黒鉛が少ないため
同じように塗っても読取機の反応がよくない
ということですd(゜-゜)

②マークシートはキズが致命傷


またもう1つシャーペンがマークに向かない理由、
これは前の記事にも書いた
「マークシートを傷つけやすい」
ということですね。

マークシートにキズがつくと凹凸ができるため
「光の反射が読み取れなくなる」
ということなんですね。

しかもキズは消しゴムで消しても消えないので
致命傷になってしまうわけです。


やっぱりマークは鉛筆で!


ここまでのことを考えると
どうみても鉛筆でマークすべきとしか
いいようがないですね(゜-゜)

入試では鉛筆削りの持ち込みが許可されている
ことも多いですが、
試験中に削ったりするわけにはいかないでしょう(^_^;)

休み時間に削るとしても
予備に多めに持っていくことをおすすめしますd(゜-゜)

これがおすすめマークシート専用鉛筆


マークシートの塗りやすさに特化した専用鉛筆ですが
以前の記事でもいくつか紹介したのですが
結局どれが一番いいのか?

口コミ・メーカーをいろいろ調べました。
ぺんてる・三菱鉛筆・コクヨ・トンボなど、

その結果、口コミそして鉛筆としての質
どれをとっても「三菱鉛筆のuni」が一番よいです。

また3本セットなどのコンパクトタイプもありましたが、
本数を考えるとしっかり「1ダース」買っておく方がよいですね。

1000円近くするため少々値は張りますが
受験の必需品として購入しておくことを強くおすすめします。

 ⇒三菱鉛筆 ユニ マークシート用 HB(1ダース12本)
 ⇒三菱鉛筆 消しゴム ER‐100MX マークシート用


模試屋さんの言葉の最後のあたりにあった文章、
「ただ、乱暴に塗る人がものすごく多いのも確かです」

それで取れるはずの点を落としてしまったら残念ですよね(-_-;)

ですから前もって
マークを塗る時間もしっかり解答時間に含めて
対策をすべきということですね。

今回改めて調べてみての感想は
「まだまだ知らないことっていっぱいあるんだなぁ」
ということです。

これからも私がたまたま調べて知ったことで
役立ちそうなことがあったら記事にしていきたいな
と思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【追記】
こちらの記事もぜひご覧ください。
 ⇒マークシート専用鉛筆を買ってみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。