お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



近畿大学の理系数学を斬る!

 
1024px-Kinki_University.jpg
※画像参照元…Wikipediaより


みなさんこんにちは。
現役塾講師のJUNです。

今回は「関西人気大学(私大)の傾向を斬る!」
題して、
「近畿大学の理系数学」(医学部以外)について
最近の傾向と対策を書いてみたいと思います。

昨年初の「志願者数全国第1位」を獲得した
近畿大学は今年も多くの受験生の関心を集め、
今年のオープンキャンパス参加者数でも
「西日本第1位」との話もあります。
(朝日新聞出版「大学ランキング2015」調べ)

ではそんな大人気の近畿大学の理系数学
どんな問題なんでしょうか?

では見てみましょう。

近畿大学は大阪に本拠地を置く大学で
関西では数少ない医学部を持つ総合大学です。

近年は「近大マグロ」が話題になったり
昨年においては「NET出願」にいち早く「完全移行」するなど
受験生の人気を集め、最初にも書いた通り
「明治大学」を抜きさって初の「志願者数日本一」
獲得しました。

3190fa100443835af294e5fc431608f6.png
※2014年私大志願者数ランキング  画像元…「リセマム」

さらには志願者増の別の要因としては
「入試日程が他大学と異なる」ことが挙げられます。

毎年近大の入試日は
A日程がセンター試験の翌週末、
B日程が2月中旬
に行われています。

つまり今年のA日程は1/24・25なんですね。

かなり早いっ(゜_゜>)

さらにB日程は
関関同立大など関西の有名大学が
2月上旬に入試を行った後にあり、
今年は2/11~14です。

こちらは
ちょうど受けれるじゃん!
って感じです。

企業戦略なんでしょうがうまく日程を設定してますね。

ただA日程については
センター終わってそんなにすぐ対策しにくいやんΣ(゜_゜;)
ってとこでしょうが
これも問題形式をみれば多少は納得できます。

では出題形式を見ていきましょう。

近畿大学「理系数学」の出題形式


基本的にどの日程も同じ形式です。
(ちなみに推薦入試も同形式です(^_^;))

・問題数…大問3題
・解答方式…全問マーク式
・解答時間…60分
となっています。

気づいたでしょうか?

そうなんです。
センター試験と同じ「60分マーク式」なんですね。

数学Ⅲからも出題されますので
さすがにセンター試験と全く同じ感覚で入試に行ってしまうと
マズイですが、形式が同じというのはとっつきやすくて
いいですよね。

ですからセンターの延長上にもう少し問題が難しくなった
マーク試験があるという感覚でのぞめばOKです。


近畿大学「理系数学」の対策ポイント


ここではA日程の過去問を分析してみた結果を書いていますが
どの日程においても有効であると思いますので
ぜひ参考にしてくださいねd(^-^)


センター試験との違い


まず数学Ⅲが出ること以外でセンター試験との違うのは
マーク式といってもセンターほどは導入部分が多くはない
ことが挙げられます。

つまり、問題の内容に対して、
マークする数が少なかったりするので
「問題の流れを読む力」が求められるわけですね。


頻出分野とその対策


頻出分野は「確率」と数学Ⅲの「微分積分」
その他はあちこちからまんべんなく出題されています。

また数学Ⅲの割合は全体の3分の1ほどで少ないですね。

よってセンターのために練習してきた
数学ⅠAⅡBをもとに過去問にしっかり取り組めば
合格はかなり近づいてきます。

あとはだいたい最後の「第3問」に待ちかまえる
数学Ⅲで勝負する感じです。

頻出の「微分積分」については
計算こそ大変ですが変則的な問題は少なく
オーソドックスな問題が出題されています
ので
チャートなどで基本的な解法をチェックしておくことが
大切ですね。

また大問は3つですが
試験時間が60分しかないので
時間配分も注意しなければなりません。

ここはセンター試験と同様、
テキパキと解答することを頭に置いて
「60分」という時間を考えて練習しておきましょう。



以上、近畿大学の理系数学について
まとめてみました。

参考になればうれしいです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

コメント

数3は、積分入らなかったと思いますよ

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。