お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



立命館大学理系数学の傾向を斬る!

 
800px-Ritsumeikan_University_Kinugasa_Campus理系
※画像参照元…Wikipediaより


みなさんこんにちは。
現役塾講師のJUNです。

「関関同立大数学の傾向を斬る!」シリーズも
ついに最後になりました。

ラスト第8回である今回は
「立命館大学の数学 理系編」
について傾向と対策を見ていきます。

実は立命館大の理系数学は関関同立大の中でも
一風変わった特徴があります。

また私はとくにこの立命館大学の理系数学に
思い入れがあるんです。

それはなぜなのか?

ではご覧ください。


立命館大学の理系学部は滋賀県草津市にあり、
「びわこ・くさつキャンパス」(通称BKC)と呼ばれています。

小高い丘の上に建つキャンパスは自転車や徒歩で
通うにはだいぶしんどい坂道です。

しかし自然豊かなキャンパス内はとても環境がよく、
自然と最新技術が融合したとてもたのしい空間です。

なぜ私がこんな話をしているかというと
そう、実は私、立命館大理工学部卒なんですね(^_^;)

ですからついつい立命館といえばひいき目で
見てしまい、余計な話をしてしまいました。

ではでは早速、理系数学の出題形式を
見ていきましょう。


立命館大学「理系数学」の出題形式


ここでは募集定員の一番多い「全学統一方式(理系A方式)」に
ついて見ていくことにします。

・問題数…大問4題
・解答方式…記述式
・解答時間…100分
となっています。

そして特徴的なのは、
4題すべてが穴埋め式の記述問題である
ということですね。


立命館大学「理系数学」の対策ポイント


まず立命館大数学の対策をするうえで
知っておいてほしいポイントが3つあります。

①全体に対する数学Ⅲの出題割合が高い


立命館大理系数学の最大の特徴は
「数学ⅢCがたくさん出る」ということです。

大問4題に対して「数学ⅢC」の割合が
少ないときでも6~7割、
多いときには4題すべてが「数学ⅢC」
ということもありました。

他大学の理系数学ではだいたい
「数学ⅢC」は5~6割ぐらいですから
相当多いことがおわかりでしょうか。

今年からは新課程ですが
同様の傾向は続くものと思われます。


②計算がやたら煩雑である


大問がすべて穴埋め形式だから計算は楽、
なんてことは一切ありません(^_^;)

これは私が受験した1997年も全く同様でした。

「赤本」を買って初めて過去問をやったときの
衝撃は今でも忘れられません(^_^;)

「どんだけ計算大変なんだよー」
「こんなんで受かるのか?」

それでも人間慣れてくるもんですね。
何年分も過去問をやっているうちに
計算が大変なことが当たり前になってきて
正解できるようになってきたんです。

そして現に2月入試で合格できたわけですし(^_^;)

よって1つの穴をうめるのにも大変な量の計算を要する
場合もあるので、十分それを承知の上で諦めずに
計算することが重要です。


たとえば「5元1次方程式」なんていうことがあっても
気にせず計算するくらいでなければ解答が進みませんよ。


③難易度は1つ1つの問題で異なる


「何当たり前のこと言ってんの?」
「難易度が問題ごとに違うのは普通でしょ」


それは「大問ごと」に見た場合ですよね。

私が言っているのは「穴埋め1つ1つごと」という意味です。

つまり1つの大問のなかで
かなり難しかったり、次はものすごく簡単だったり
その次はまた難しかったり…と

まるで嵐の海を航海しているかのような
難易度の波打ち方をしてきます
ので
過去問で練習しておかなければなりません。

逆にいえば1つ目の穴埋めが難しかったからといって
他の穴埋めも全部難しいかどうかはわからないと
いうことですね
d(゜-゜)

では頻出分野はどこでしょうか、
見ていきましょう。

立命館大理系数学の頻出分野と対策


旧課程の昨年までの頻出分野は
数学Ⅲの「微分積分の応用」、
数学Cの「行列」と「2次曲線」、
数学Bの「ベクトル」、数学Aの「確率」

でした。

この中で新課程の今年注目しているのは
「行列」の替わりは「複素数平面」か?
ということですね。

これについては立命館大に限らず
関関同立大や他の大学でも
「行列」が頻出だった大学では
注意しておくべきことでしょう。

ということで今年は上の旧課程頻出分野で
「行列」→「複素数平面」と考えれば
よいでしょう。

対策は過去問を中心に「数学Ⅲ」に力を入れて
やりましょう。


案外、数Ⅲでも穴場となっている
「速度」や「近似式」のあたりも少しは注意しておきましょう。


【今年立命館大学を受験するみなさんへ】
立命館大学HPでは最近3年間の入試問題について
「過去問」と「講評」を掲載してくれています。
しかも親切なことに英語の「リスニング問題」まで
MP3で提供してくれていますね(゜_゜>)
3a317c3cca165d17dec98c4315ea8308.png
  ⇒立命館大学「リッツネット」

とくに「講評」は要チェックです。

受験生がどこで点を落としているかが
よくわかりますのでd(゜-゜)

とここまでは文系受験の方へのメッセージと同じです。

最後に…

立命館大理系を本命で受験する方は
最後まで絶対に諦めないでください。

大学の授業はとても魅力的で楽しいものばかりです。
4年間も通った私でさえ、もう一度入学して勉強したい
くらいです(^o^)

合格された暁にはひとことコメントいただけると
めっちゃうれしいです。

ぜひがんばってください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

複素数平面
浪人生は複素数平面を習っていないとおもうですが、浪人生が入試うける場合どのような措置をしてもらえるのでしょうか?
Re: 複素数平面
さけとばさん。
こんにちは。

コメントありがとうございます。

> 浪人生は複素数平面を習っていないとおもうですが、浪人生が入試うける場合どのような措置をしてもらえるのでしょうか?

立命館大では今年度限りだと思われますが経過措置がされます。つまり浪人生は「複素数平面」ではなく「行列」での受験ができるということですね。

入試要項を見ると「旧課程履修者が不利にならないよう配慮した出題をする」となっていますね。
http://ritsnet.ritsumei.jp/application/public/pdf/index/2015/P37.pdf

選択問題にすると有利不利などの差が生じることにもなるため、もしかすると数Ⅰ「データの分析」や数Ⅲ「複素数平面」は出題されにくいのかもしれませんが…どうでしょう(^_^;)

ちなみに国公立大では「新旧両課程の共通範囲を出題範囲とする」大学が多いようです。
※国公立大経過措置⇒http://www.keinet.ne.jp/dnj/15/shinkatei/k_keikasochi.pdf


参考になったでしょうか。
何かあればまたコメントくださいね。
ありがとうございます
立命館に合格することができました!
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます!

> 立命館に合格することができました!

おめでとうございます!
ここまでの努力が実った瞬間ですね(^^)


立命館に入学されるんですか?
もしそうなら私の後輩ということになりますね(^^ゞ

これからが楽しみですねぇ。
ハイテク私立大の設備にも注目ですよ。

当ブログの記事が少しでもお役に立てたなら
とてもうれしいです。

今後のご活躍期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。