お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



同志社大学文系数学の傾向を斬る!

 
800px-Doshisha01文系
※画像参照元…Wikipediaより


こんにちは。
現役塾講師のJUNです。

「関関同立大数学の傾向を斬る!」シリーズも
後半戦に突入です。

第5回の今回は
「同志社大学の数学 文系編」
について見ていきます。

関西の総合大学では
最難関私立大といわれる同志社大は
どんな問題を出題しているのでしょうか?

ではご覧ください。


まず同志社大学そのものについてですが
関関同立大4校の中でも最もレベルの高い大学といわれており
関西地域だけでなく関東からの受験生も多いのが特徴です。

また私立大の受験校を選ぶ際、
同志社大を本命にしている生徒もいれば
早稲田・慶応大のすべり止めに同志社大を
受験してくる生徒もいるため全国的にも
同志社大の存在は大きいと思います。

そのため当然受験生のレベルが高く
入試問題も難しいことが予想されますよね。

では文系数学の出題形式を見てみましょう。


同志社大学「文系数学」の出題形式


同志社大では「全学部日程」と「学部個別日程」の
2つの入試方式があります。
募集定員は両日程合わせて○○人となっており
どちらの日程も出題形式が共通しています。

いずれの日程とも
・問題数…大問3題
・解答方式…記述式
・解答時間…75分
となっています。

そして3題中、
穴埋め式の記述…1題
解答過程まですべて記述するもの…2題

です。


同志社大学「文系数学」の対策ポイント


ここ3年ほどの過去問を見た感じでは
頻出分野がありそうな感じに見えるのですが…

もっと古いものにまで目を通すと
出題分野が多岐にわたっていることがわかり
なかなか的を絞って対策するというのは
難しそうです(-_-;)

ちなみにここ3年の頻出分野は
「確率」・「ベクトル」・「数列」・「微分積分」
ですね。

【大問1の傾向と対策】…穴埋め形式


ここは穴埋め形式での出題ですが
小問2~3題で構成されている場合もあれば
1つの大問として出題されている場合もあります。

たとえ小問形式であったとしても
しっかりとした考察をもってして計算しなければ
途中で「解の公式」などのその後の計算が
やや大変になりそうなものが出てきた際に
自信を失ってしまいそうな問題がよく見られます。

過去問を使って穴埋めの流れを十分に
練習しておきましょう。

ここも点取り問題ではなく日頃の成果が
問われる問題となっています。



【大問2・3の傾向と対策】…完全記述式


ここ最近は「平面ベクトル」が大問で出題されることが
多々ありました。
また「数列」もそれなりに出題されていますので
「数学B」の対策が有効だと思われます。

ベクトル・数列いずれの場合も
設問が4つほどありますので
順番に前の設問をヒントにしながら
考えていきましょう。

「なぜ前の設問ではそれを答えさせていたんだろう?」

「次の設問は前の設問の解き方がヒントになって
いるんじゃないか?」


こういった大問ならではの発想は
これまでの模試でもやってきたことでしょう。

出題者(大学側)は何らかの意図をもって
入試問題を作成しています。


とくに大問の最後の設問には
ゴール(目的)と思える問題が出てきますので
先に設問全体の様子をうかがってから
解いていく方がよいでしょうd(゜-゜)


また同志社大の文系数学は社会との選択科目です。

ということは
「数学を選んで得するの?」
と思うかもしれませんよね。

大丈夫です。
科目間では得点調整が行われますので
受験者平均点が低い数学では
逆に高得点の価値が高まります。

また社会は1つのミスが結果に響くほど
受験者平均点が高くミスが許されません。

数学で受験することで損することはなく
むしろ得することがあるということを
知っておいてください。


【今年同志社大学を受験するみなさんへ】
同志社大学は入試ガイドのほうで
昨年度の入試問題について
「出題方針」と「講評」を掲載してくれています。
6320841fd8d81d49fc7c370331ac3a06.png
  ⇒同志社大学「入試ガイド」

ぜひ参考にするとよいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。