お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



高校数学とはこんなものだ!「数学Ⅰ」

 
006507.jpg

ブログの閲覧ありがとうございます。
現役塾講師のJUNです。

このブログに来たからにはあなたは数学の勉強法に困っている
のかもしれないですね。
今後このブログを読んでもらえればきっとあなたの役に立つ部分があると
思いますのでぜひ勉強の合間にでも読んでもらえるとうれしいです。


では早速今日からピンポイント講義に入っていきたいと思いますが、
まずは高校数学ではどんなことをしていくのかについてしばらく記事を
書いていきますね。

ということで最初のテーマは
「数学Ⅰって何するの?」
です。

高校に入学したら全員が必ず受けなければならないのが
この「数学Ⅰ」なんですね。

たとえ進学校じゃなくても、卒業後は就職だというみなさんでも
全員必須の数学ということで、
高校を卒業するために必要な最低限の内容が詰まっている
言われているんです。

が、だからといって簡単というわけではないんですよね。
さすがにそこは高校というか、中学よりはだいぶレベルの高い内容に
なってます。

もちろん高校入学までには小学校で算数を6年、中学校で数学を3年
習ってきていて毎年だんだんと難しくなっているのを知っていると
思います。

でも高校数学は中3に比べて段違いに難しくなるというか
階段を2段一気に上ったような感じなんですね。

ですから中学で数学は得意だったけど高校に入ったら
1学期の終わりには数学で点数が全く取れなくなってしまった
なんてこともよくあります。

これを読んでいて
「それ、俺のことだ!」
って思っている人もいるかもね。

そんなあなたももう一度どこでつまづいたのか確認しながら
概要を見て下さいね。


では「数学Ⅰ」で習う基本的な内容はこれです。

第1章 数と式
第2章 2次関数
第3章 図形と計量
第4章 データの分析



第1章 数と式


この章では展開・因数分解といった中3数学の最初に習った部分を
延長するところから始まって、ルートの計算などいわゆる高校数学の
導入部分というやつですね。
でも早くもこの展開・因数分解でつまづく人も多いんです(^_^;)

「高校数学の印象はここで決まる」といってもいいとこなので
慎重にいきたいとこです。

また章末には「集合と命題」というやや厄介なものもあります。
それはまたポイント講義にてd(゜-゜)

第2章 2次関数


ここは数学Ⅰ最大のヤマ場です。
特に高校数学が中学数学と違うのは「場合分け」という手法を用いる
ところですが、この章ではその「場合分け」をたくさんしていきます。


中学で「関数」が苦手だった人は相当手を焼いてしまうかもしれないです。
項目も多く、この章の出来具合が「文系・理系選択の決定打」となることも
ある章ですね。

第3章 図形と計量


この章は中学数学の三平方の定理の続きにあたるところです。
公式が多いのでそれを着実に覚えられればきっと
なんとかなる章だと思いますね。
練習量がモノを言う部分です。

第4章 データの分析


ここは私が現役時代には習っていない新しい章ですね。
数年前に実施された文科省の新学習指導要領では
「資料の活用と分析」に力を入れることになったので
追加になった章ですね。

中学数学で1年生で習った「資料の活用」の続きですね。
中央値・最頻値などの復習とともに新しい公式を覚えていきますが
これまた覚えにくい厄介な公式が並んでいます。

この章は今後のセンター試験や大学入試でどう扱われるかが
注目の章です。


といったところが「数学Ⅰ」を簡単に説明したものです。
ひとまず参考に(^-^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。