お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



関西大学理系数学の傾向を斬る!

 
1024px-KansaiUV1 -理系
※画像参照元…Wikipediaより


こんにちは。
現役塾講師のJUNです。

第2回「関関同立大数学の傾向を斬る!」
今回は「関西大学の数学 理系編」
について見ていきたいと思います。

やはり数学を指導している私としては
理系数学が気になりますね(゜-゜)

文系数学と比べて大学ごとの
出題の「クセ」が出やすい理系数学
その対策の仕方次第で
点数がかなり変わってくると思います。

では傾向を見ていきましょう。

関西大学「理系数学」の出題形式


文系同様にメインの入試方式である「学部個別日程3教科型」について
最近の数学の出題方式を見てみましょう。

・問題数…大問4題
・解答方式…記述式
・解答時間…100分

となっています。

そして4題中、
穴埋め式の記述…2題
解答過程まですべて記述するもの…2題

です。

さらに出題形式で最も注目したいポイントは
「大問4」が穴埋め式の小問集合であるということです。

これは過去問をしっかりやって確認しておかなければ
当日いきなりではびっくりすることでしょう。

通常、テストや模試では小問集合は「大問1」に
ありますよね。

しかもそこは点取りポイントとなっているため
確実に正解しておきたい部分です。

関西大の場合も同様で
大問4で最後にあるからといって
小問集合が難しいわけではなく
4問の中で最も点数の稼げる点取りポイントです。

入試では先に大問4から解いていくのもアリですね。

関西大学「理系数学」の対策ポイント


問題はこれまで数学ⅢCから6~7割ほど出題されてきました。
新課程方式の今回もおそらく数学Ⅲから
多くの問題が出題される
ことと思います。

新課程数学Ⅲの教科書では旧課程で学習していた「行列」が
なくなり「複素数平面」が復活しました。

関西大ではこれまで「行列」の出題も結構あったため
その代わりに「複素数平面」を出題することが考えられます。

その他、無限級数や定番の微積もよく出題されていますので
標準レベルの問題練習をしっかりと行っておく必要があります。

数学Ⅲ以外では
「整数に関する問題」が大問で出される可能性があり
数学Aの「整数の性質」は重要ポイントとなりそうです。

ちなみに「整数の性質」は数学Aでは選択分野となっていますが
これまでも整数に関する問題は多くの難関大で頻出分野と
なっていましたので、履修していなくても差し支えない形での
出題が大いに考えられます。

また大問4の小問集合は数学Ⅲ以外からも
まんべんなく出題されていますので
「確率」や「ベクトル」といった数学Ⅲとあまり複合した問題が
出されにくい分野にも気を付けておきましょう。

解答時間100分に関しては
とくにみじかすぎるということはなく十分間に合います。


【今年関西大学を受験するみなさんへ】
基本的な考え方は文系数学の対策と同じです。

ただし理系数学は根本的に計算量が異なります。
普通の問題でも煩雑な計算となることが多いわけです。

これから入試までの短い期間に
確実に正解までたどりつけるよう
計算ミスに最新の注意をはらった練習をしましょう。

その後に国公立大の入試も控えているのであれば
どちらにも共通して役立つような勉強法で
受験対策をすることが大事です。

頑張ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

対策
JUNさん
こんばんは
関西大学の受験対策は過去問の他に複素数平面をやれば良いって事ですね。
この記事関西大学を受ける人には是非読んで欲しいですね。
何をやったら良いか良く解ります。
やはり、傾向と対策が重要ですよね。
この対策を基本に無心に頑張って下さい。
きっと、頑張った人にはご褒美が来ます。
Re: 対策
girigiri26さんこんばんは。

> 関西大学の受験対策は過去問の他に複素数平面をやれば良いって事ですね。

そういうことですね。
複素数平面もかなり前の過去問には載っているかと思います。
(私の現役時代の1997年から2005年あたりですね(^_^;))

> この記事関西大学を受ける人には是非読んで欲しいですね。
> 何をやったら良いか良く解ります。
> やはり、傾向と対策が重要ですよね。

そうですね。
傾向をしっかり調べて対策すれば合格は一気に近づきます。
特に私立大はd(゜-゜)

受験生のみなさんがこの記事を読んでくれることを祈ります。

No title
やっぱり数学の先生という感じですね(≧∇≦)私は数学全然ダメだったので尊敬です( ´ ▽ ` )ノ受験生には二度と戻りたくないです 、辛すぎます笑
会員募集というキーワードでは記事書けないし書く気が起きない(≧∇≦)
Re: No title
ひーさん、
コメントありがとうございますm(__)m

> やっぱり数学の先生という感じですね(≧∇≦)

そう、ですかねwww
毎日仕事で数学ばかりやっているのに飽き足らず
学問としての数学の本まで買って読んだりもしますね。

「数学好き」には変わり者が多いと言われますが
私も少し変わり者かもしれません(^^ゞ

まぁ最近はブログが忙しくて全然読めてないですが…

ちょくちょく私の失敗談など日記的な内容も書きますので
懲りずにまた記事を読みに来てくださいね(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。