お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



今年は複素数平面が出る?【大学入試2016】

 
こんにちは現役塾講師のJUNです。

センター試験も終わり、大学受験生のみなさんは悩ましい日々を過ごしていることでしょう。
そう、「バンザイシステム(河合塾)」などの判定を見て一喜一憂しながらも国公立大の出願先を決めなくちゃいけないからですね。
 ⇒河合塾kei-net『バンザイシステム』

しかも出願したセンター利用私大は、その判定を見ればほぼ合否まで予測できてしまいますし(^_^;)

さて今日の当ブログの記事ですが、数Ⅲの「複素数平面」について書いてみたいと思います。
昨年、新課程の移行措置として出題を見合わせた大学が多いこの「複素数平面」ですが今年はどうなんでしょう?

出るのか?それともあまり出ないのか?

私なりの予想とアドバイスをしようと思います。

複素数平面は出る!


ズバリ私の予想は「出る!」です。
しかも「とても出やすい」と考えています。
私がそう考える理由は2つあります。

出る理由 その1


昨年は移行措置の配慮によって新課程専用分野である「複素数平面」はほとんど出ませんでした。
昨年の主要私大入試については別の記事にて書いていますので参考にしてください。
 ⇒結局「複素数平面」は出たのか?調べてみた!【関西私大入試2015】
 ⇒結局「複素数平面」は出たのか?調べてみた!②【関東私大入試2015】

ただし出なかった理由はあくまでも新課程専用分野だったからです。
入試で選択問題を出すということは、どうしても有利不利の差が生まれてしまうことにもなりかねないので控えたのでしょう。

ところが今年はどうですか?

今年の出題範囲は完全に新課程からのみで旧課程履修者に配慮する必要はないのです。
それはつまり「複素数平面が出るのでは?」となるわけですね。

出る理由 その2


さらに私が思うもう一つの理由は…

「問題が作りやすい」
ということです。

いつだったかテレビで「私大の入試問題をどうやって作っているか」という特集を見たことがあります。
入試問題作りはなんと前年の入試が終わった直後から始まっているというのです。
まずは入念に他大学の過去問を調べることから始まり、場合によっては専用の制作会社に依頼することもあるということだったと記憶しています。

確かにそれはだいぶ前に見た番組だったので、今は作り方は変わっているかもしれません。
でも大変な苦労によって作られていることは間違いないですね。

で、「複素数平面」なのですが、旧旧課程で数Bの範囲だったので出題されていたものの10年以上も前なんですね。
私もその旧旧課程で学んだ1人なんですが、センターにも出題されていたのでもちろん大事な分野でした。

そして今、「複素数平面」は数Ⅲになり旧課程数学Cの「行列」の代わりとして追加されました。
その「行列」については、私大一般入試・国公立2次試験でよく出題されていたわけです。

ということは、出題者側からすれば
「過去問と似ていたとしても最近のものではない!」
「行列の代わりはここだ!」

ということで出しやすいとなるわけです。

受験生のみなさんへ


では今年は出ると考えたとして、対策はどうすればいいのか?
それは旧旧課程の過去問をやってみることですねc(゜.゜)
数Bだったといえども十分練習になります。
基本的な内容はチャートなどで確認しなくちゃいけないですが、応用までのステップに旧旧課程のセンター数学ⅡBを活用してもよいでしょう。
入試までの残り時間は少ないかもしれませんが、理系受験生のみなさん「複素数平面」にも気を配って置いてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。