お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



解答解説超特急!京都府公立高校入試2015【中期選抜数学】②

 
entry-106.jpg


だんだん暖かくなってきて春ですねぇ(^-^)

ただ花粉がすごいようで塾生の中には箱ティッシュをもってきて悪戦苦闘している生徒もいますが…(^_^;)
幸い私は花粉症ではないので大丈夫なんですが、教室内には空気清浄機を置いて対策しています。


さぁでは今日も続きです。
※ここまでの解説はこちら
 ⇒解答解説超特急!京都府公立高校入試2015【中期選抜数学】①

「平成27年度京都府公立高校入試」中期選抜数学の解答解説いきましょう。

今日は第2問と第3問の解説をしますね。

第3問あたりから少しずつ勝負どころも出てきますので、ぜひ参考にしてください。

第2問 連立方程式の利用


【問題本文】
b30711c80f29bbeecb32dfc3aef75685.png

※画像元…京都新聞HP

第2問は連立方程式の利用でした。
昨年入試形式が大きく変更される前までは第2問は確率の問題が多かったのですが、昨年よりこの第2問に出る範囲が変わりつつあるようです。


【解答解説】
5f806e58154feb76102f654b0f3b26e0.png

典型的な「個数と代金の問題」ですね。

多少数字が細かいですが②’の式を導かせることで計算を楽にしてくれていますので、ここはしっかりと得点しておきたいところです。


第3問 平面図形


【問題本文】
122815e85858ae42684fbaff5e2bf43e.png

※画像元…京都新聞HP

第3問は円周角の定理を利用する平面図形の問題でした。


【解答解説】
a3ecc1591af84770fa396867f234fed5.png

(1)は円周角と中心角の関係に気づければうまくいくでしょう。

ただこのとき、「36°」や「72°」といった角度について何か感づいていれば(2)へ向けて視界良好です。

(2)では「隠された二等辺三角形」を発見できるかどうかがポイントでした。
そして相似な二等辺三角形で比の式を作れれば解けますね。

このタイプの問題は相似の応用問題としてよく問題集で扱われているものですd(゜-゜)

しかし教科書だけやっていてはなかなか気付かないものなので、やや難しい問題だったと言えるでしょう。



では今回はここまでです。
また続きは次回。



このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

☞ 関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。