カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「おすすめ教材 」カテゴリ記事一覧

お知らせ
・ブログデザインをリニューアルいたしました(3/1)
Twitter始めました(3/12)
・はてなブックマーク(各記事下)設置しました(3/20)



チャートのこんな使い方知ってる?【セレクトスタディとは?】

 
写真 2015-06-19 17 25 37


みなさんこんにちは。
現役塾講師のJUNです。

最近塾内の高校生より受験勉強のやりかたについてよく質問を受けるので、
1つの方法を書いてみたいと思います。

よろしくお願いします。

この記事を書いている現在は6月ですが、高校3年生にとっては、
あと半年もしないうちに大学推薦入試が本番を迎える時期でもあります。

あれよあれよといってる間に夏休みが来て、
やりたい受験勉強もはかどらないまま秋を迎えてしまっては困りますよね。

しかも数学は文系でもセンターでⅠAとⅡBを受ける生徒が多く、
勉強する範囲がとても多いですよね。

なにか効率良く勉強する方法はないのか?

あなたもそんな悩みをもっている1人なんではないでしょうか。

また高校2年生のみなさんもすでに終わってしまった数学ⅠAを
どうにかうまく復習できないものか悩んでいませんか?

そこで今回は多くの高校生がもっている「チャート式数学」をうまく使う方法について
書いていきましょう。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

チャート式 赤・青・黄・白ときて「緑」は「みどり」じゃないの?

 
entry-113.jpg


みなさんこんにちは。
現役塾講師のJUNです。

久々の投稿となってしまいました(^_^;)
はっきりいってブログ更新をさぼってました。
すみませんm(__)m

なんだかんだと時間がたって気づいてみれば、最後の更新からなんと3週間ほど…

また少しずつがんばって更新していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

ところで今回の記事はみなさんご存知、数研出版の「チャート式数学」についてです。

私の塾では新年度の授業をはじめるにあたって、新たに追加教材としていろいろ取り揃えてみることにしました。

塾の授業では以前から「青チャート」と「黄チャート」はかなり使っていたんですが今回はその他の「色」も買ってみたんですよね。

しかしまぁいろんな色のチャートがあるんですねぇ(゜.゜)

と、みているとひとつ妙なネーミングに気づいてしまいました(・_・;)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】

センター数学ⅡBは数列が明暗を分けた!「大学への数学」3月号

 
entry-88.jpg


みなさんこんにちは。
現役塾講師のJUNです。

今年の受験も残すところあと少しとなりましたね。

兵庫県ではこのあと3/12に
「公立高校一般入試」がおこなわれますので
現在私の塾ではその対策が一番の課題となっています。


では今日の記事ですが
私の愛読書「大学への数学」3月号に載っていた
今年のセンターの受験体験記が印象的だったので
私が問題を解いてみた感想と比較して
書いてみようと思います。
 ⇒センター「数学ⅠA」を解いてみた!【設問別講評】
 ⇒センター「数学ⅡB」を解いてみた!【設問別講評】
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
【スポンサードリンク】
スポンサードリンク
プロフィール

JUN

Author:JUN
兵庫県で数学塾を運営しております現役塾講師のJUNです。
塾講師歴10年目となる今年、何かはじめようと思い立ちブログをはじめました。
今後ともよろしくお願いいたします。

【プロフィール記事】
私がなぜ塾講師になったのか?その過去にせまる
私の「大学受験体験記」

Twitter
ランキング参加中!

にほんブログ村 受験ブログへ

人気ブログランキングにて
【数学科・算数教育 1位獲得】
数学 勉強法

日本ブログ村にて
【受験勉強法 1位獲得】 数学 勉強法2
不要教材は買い取りへ
訪問者数
QRコード
QR

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。